アラカンタロウの老後への道

アラカンの退職前になって老後破産・貧困老人から免れる方法を模索しながら試しているブログです。

甲信越地方への出張決定

こんにちは!アラカンタロウです。

また甲信越への出張が決まりました。私の住んでいる地方から甲信の山中に訪問するのは海外旅行へ行けるほど時間がかかります。

私は島国なので飛行機で直行できればいいのですが、直接は無くて、東京または中部国際空港へ行って、それから電車で向かうので、最初からJRで行くのとあまり変わりません。

 

従ってJRで向かう事にしました。松本駅までは8時間です。

松本駅前のレンタカーを予約しました。当日は松本市内の相手先に訪問して、翌日は甲府の業者までレンタカーで向かう予定です。

 

彼女からは甲州スパークリングワインを購入して送るように指示さていますので、時間があれば甲府駅に寄ってワインを送る予定です。

今回の出張は業務提携解除の訪問で、現行の仕事を私どもの帳合でなく直接行ってもらうようにしますので、相手の商権が無くなるのでないので、少しは気が楽です。私どもが包括で受けてその部分のだけが赤字気味だったので、切り離すようになりました。

 

なかなか難しいですね。お国は働き改革とか?賃上げだとか?2024年問題だとか?勝手に言っているけれど、中小企業には指針のみ示し、値上げは各自勝手にどうぞ・・・

 

ブルーオーシャンならいざ知らず、レッドオーシャンでモガイテいる中小企業には荷が重すぎます。介護や医療も同様で、人手は無いし、個人経営の中規模の総合病院なんかもかなり苦しんでいると思います。

 

せめてエッセンシャルワーカーの業界には、競争ではなく、一定の法による庇護を与えないと大変な事になると思います。

 

教育の現場、保育の現場、介護の現場、看護の現場、物流の現場、小売りの現場どれもキツイ・厳しい・サービス残業・ブラックの現場ですね。

まあこれでまた売り上げが下がるので、社長に責められます。

現在計画中の新規業務が上手く立ち上がるまでは売上減少で肩身の狭い思いをしますが、利益は変わらないのでヨシとするしかありません。